バイアグラについて

バイアグラは世界中で最も知られているED治療薬といえるのではないでしょうか?

バイアグラの誕生

1998年の1月にアメリカで誕生して日本では翌年の1999円に日本ファイザー株式会社から発売され、10年以上経過した今なおEDに悩む多くの男性から絶大な支持を受けています。

このバイアグラが誕生したことによって世界中の人々がまさに『夢のような薬』というぐらいにED(勃起不全)に悩んでいる人からしてみればありがたい存在となった薬です。

形状は青色でひし形の外形が特徴的で中身は白い薬となっている固形の薬です。

元々、バイアグラは狭心症の治療薬として開発が進められていたのですが、あまり成果が得られなかったので試験の中止を決めました。

その際に被験者から薬を返してもらおうと思ったのですが、被験者が返すのを渋っていたので理由を聞くと勃起を補助する作用があるということが判明して有効成分のシルデナフィルという成分が勃起を補助する役割を果たすと言うことが分かりバイアグラが誕生したのです。

バイアグラが誕生したことによって多くの人が試してみたいと言うことで日本で発売されてすぐに全国に広がっていきました。

日本でも多くの人が我先に広まっていったバイアグラは病院でも処方できますが、個人輸入代行サイトでも多くの人たちが気軽に今も利用しています。

日本では『25mg、50mg』までしか発売されており、バイアグラの100mgが欲しいと思ったら海外で個人輸入代行サイトで注文するしか方法はありません。

国内正規品のバイアグラ100mgというものは存在しませんので注意してください。国内で100mgが買えるとしたら偽薬の可能性が非常に高いです。

海外の個人輸入代行サイトを利用しましょう。

バイアグラの主成分「シルデナフィル」

バイアグラの有効成分であるクエン酸シルデナフィルが勃起の阻害となる酵素「PDE5(ホスホジエステラーゼタイプ5)」の活動を抑制し、「cGMP(環状グアノシン一リン酸)」という海綿体内の血管拡張作用をもつ物質が増えるのをサポートします。

cGMPが増えることで海綿体の血流が良くなり、力強い勃起ができるようになっています。

いまだに勃起力という点ではバイアグラはED治療薬の中でも硬さがあるということで長く愛されているのです。他のED治療薬を試したけれどやっぱりバイアグラが一番自分に合っているということでバイアグラを使い続ける人も多いです。

バイアグラの種類

バイアグラは大手製薬会社ファイザーから発売された薬ですが、日本では現状25mg、50mgしか発売されていません。

また25mgはあまり主成分であるシルデナフィルが配合されていませんので日本の病院で処方されるほとんどが50mgと言えます。

しかし、あくまでも日本国内での話であり、海外ではもう一つ上の高容量が配合された『100mg』が配合されたらバイアグラが販売されています。

この100mgのバイアグラを手に入れようと思ったら医薬品個人輸入代行サイトを利用するしか簡単に手に入れる方法はありません。

バイアグラ愛用者だけど効き目がもうちょっとあればなぁ~って言う人はぜひとも『100mg』を試して欲しいです。

ただ、副作用が強く出てしまうと言うケースもあります。その場合はピルカッターなどで半分にすれば経済的にも安く済ませることが出来るので普段50mgをつかって満足だと言う人も100mgを購入して半分にして使ってみましょう。

バイアグラの特徴

バイアグラは空腹時でないと特に効果が効きづらいという特徴があり、空腹時での使用をお勧めします。

空腹時に服用することで大体早い人で30分ぐらいから効き始めると言われており、体内への吸収率は個人差がありますが、大体平均1時間前後で効果を発揮します。

作用時間は服用してから4~5時間ほど作用しますので性行為をするには十分と言えるでしょう。

1日1錠までの服用とし、1度服用したら必ず24時間以上空けるようにしましょう。

よく勘違いしてしまうこととして服用したら強制的に勃起してしまうというわけではなくてあくまで視覚や触覚などの五感を通じて性的興奮や刺激があり、性的欲求があった時に勃起へと至ります。

また、バイアグラなどのED治療薬には媚薬効果や性的増進作用はないので注意をして下さい。

すべての人が服用できると言うわけではなくて服用してはいけない人もいます。

最も偽物が多いED治療薬

バイアグラは世界中で名前が多く知れ渡っているED治療薬です。

そのため非常に偽物が多く出回っているので注意が必要です。

病院で処方されているバイアグラ50mgに関してはファイザー株式会社から薬を卸してもらっているので偽物を渡されると言う心配はありませんが、医薬品個人輸入代行サイトでは偽物が多く出回っているのが現状です。

医薬品個人輸入代行サイトを使う際には必ず信頼できる輸入サイトで正規品を販売しているサイトを利用するようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする