レビトラのジェネリック医薬品について

レビトラのジェネリック医薬品について紹介をしていきたいと思います。

レビトラのジェネリック医薬品を海外から輸入しようと思ったらまず第一に考えなくてはいけないのがしっかりとしたジェネリック医薬品を選ぶということ、そして悪徳業者が販売をしている偽物を服用してはいけないと言うことです。

ジェネリック医薬の50%以上が偽物と言われているほどですから慎重に選ぶ必要があります。

レビトラのジェネリック医薬品とは

レビトラは、有効成分として塩酸バルデナフィル水和物(Vardenafil hydrochloride hydrate)を含有しており、レビトラに使われている塩酸バルデナフィル水和物は、バイアグラと比べて飲んでから効果が出るまでの時間が非常に早く、しかも副作用も少ないという特性があり、レビトラの特徴でもあります。

レビトラのジェネリック医薬品もレビトラと同等成分が配合されていて厳しい審査をクリアして販売されているのでレビトラと同じ効果が期待できる薬のことを言います。

製薬会社によって値段が変わっている

レビトラのジェネリック医薬品を調べてみると色々な種類が販売されていますよね。販売元によって値段や形状などが様々ですのでどれを選んでいいのかいまいち分からないと考えている人も多いでしょう。

ジェネリック医薬品によって口コミサイトを見ても同等成分配合とされているのに薬によっては効果がいまいちの評価だったりもしますよね。

ジェネリック医薬品は同等成分配合ですが、この“同等”という言葉も実は開きがあって大体±20%いないであれば同等とみなして販売をしても良いのです。

ですから一口にジェネリック医薬品でも薬によっては差が生じてしまいますのでしっかりとした製造販売元を選ぶようにしましょう。

そしてジェネリック医薬品の大国といえばやはりインドが最もジェネリック薬品が作られているところです。またインドはインターネットと医療の分野においては世界中で高い評価を受けているのでかなり信頼が持てるといえます。

製造が中止

レビトラジェネリックは製造が中止になってしまいました。

2017年1月末にインドの高等裁判所の判決で「バリフ(一番有名なレビトラのジェネリック薬)はバイエル社のレビトラの特許権を侵害している」との判決が下されたことによって現状市場に出回っているもののみが販売されています。

今後レビトラのジェネリック医薬品は出回らない可能性が非常に高いので早めに試してみたいという人は購入しておいたほうがいいでしょう。

バリフ

インドの製薬会社AjantaPharma社が製造・販売を行っています。日本では販売されてしませんので個人輸入代行業者を利用することで購入することが出来ます。

レビトラのジェネリック医薬品として最も有名なジェネリック医薬品の一つですので非常に人気が高いです。

通常のレビトラよりも安く購入できるのが魅力的といえるでしょう。

バリフを通販で購入する

ビリトラ


インドの製薬会社Centurion Laboratories社が製造・販売を行っています。レビトラと同じバルデナフィルが含まれており、同等の効果が期待できますし、レビトラよりも1錠あたりがかなり安く購入できると言うこともあり人気が高まっているジェネリック医薬品です。

ビリトラは医師の処方箋では購入できません。あくまでも個人輸入代行サイトを利用するのが購入することが可能となっています。

ビリトラを通販で購入する

フィリトラ


インドの製薬会社Fotune Health Care社が製造・販売を行っていレビトラのジェネリック医薬品です。フィリトラは日本の医師の処方箋では購入できませんので個人輸入代行業者を活用しましょう。

フィリトラを通販で購入する

偽物だけには気をつける

レビトラのジェネリック医薬品を購入しようと思ったら大体が海外からの輸入になります。手軽に購入できてさらに通常のレビトラよりも安く購入できる魅力的ですが、残念ながら医薬品の偽物と言うのは多く出回っているのが現状です。

ですのでしっかりとした医薬品個人輸入代行サイトを利用することが大切です。

【20mg】レビトラまとめ買いの通販価格

値引 通常価格 割引価格 1錠 購入
7箱 17% 41,160円 34,159円 1,219円 通販
5箱 16% 29,400円 24,732円 1,236円 通販
3箱 13% 17,640円 15,417円 1,284円 通販
2箱 9% 11,760円 10,702円 1,337円 通販
1箱 5,880円 1,470円 通販

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする