ED治療薬を通販で購入するメリット

今の時代はインターネット上でなんでも購入することが出来るようになり、地方でも気軽に荷物を届けてくれるようになりました。

ED治療薬を通販で購入できるとなったら非常に便利になりました。

とはいえ病院で処方されるメリットは全くないといったらそうではありません。ここでは病院で処方されるメリットと通販で購入するメリットそれぞれありますので双方のいいところをしっかりと把握してそこからどちらを選ぶかは自分で判断しましょう。

またいいところだけではなくて双方の使いづらいところやデメリットと感じる部分も紹介をしていきます。

通販で購入するメリット

ED治療薬を医薬品個人輸入代行サイトを使うことのメリットとしてはクリック一つで購入することが出来ると言う点です。わざわざ病院に行ったりする必要もなくいつでも手軽にパソコン一つ、スマホ一つで購入が出来ると言うのが非常に便利だと言えるでしょう。

忙しくて中々病院に行く時間がなかったり、病院に行くことが恥ずかしいと言う人でも誰にも知られずに購入することが出来ると言うのは非常に便利な点であると言えます。

また通販で購入をした方が割引などが適用されることがあるので金銭的に安く購入できます。

大手医薬品個人輸入代行サイトならば商品を伏せた状態で届くので周りに知られる心配もありません。

日本未発売の最先端の薬が手に入る

ED治療薬というのは世界中で製造・販売されており、利用者がどんどん増えているのが現状です。

そのため非常にED治療薬自体の市場も大きくジェネリック医薬品が多く誕生しています。日本の医療は10年から20年ほど遅れていると言われている今日の中で最先端の薬が手に入らない状況となっています。

しかし、医薬品個人輸入代行サイトを利用すれば最先端の薬だったり、ジェネリック医薬品を購入することが出来ます。

通販で購入する際の注意点

通販は便利ですが、気をつけなければいけないところも沢山ありますので十分に気をつけるようにしましょう。

届くまでに時間がかかる

通常のアマゾンや楽天サイトをはじめとした通販サイトならばクリックしたらその翌日に届くとかが当たり前となってきていますよね。

特別プランなどに入っている場合では都内であれば1時間以内に持ってきてくれるというサービスもあるほど非常に早いのが特徴です。しかし、医薬品個人輸入代行サイトを使う場合は届くまでに時間がかかるということを忘れてはいけません。

明後日パートナーと性行為をしようと思って二日前ぐらいだったら購入したら届くだろうと思っても届きません。

なぜなら海外からの発送のため非常に時間がかかります。

大体7日間から14日間かかるということを忘れないようにしましょう。
インド発送などは14日間から21日間かかります。

普段通販サイトを使っている人からしてみると届くの非常に時間がかかりますので通販サイトを利用するのであれば前もって購入をしておくようにしましょう。

通販サイトは悪徳業者が多い

医薬品個人輸入代行サイトは利用すれば非常に便利なのですが、便利だからこそ悪用する業者も多いです。特に日本のサイトは安全に利用することが出来るため日本の利用者は騙されてしまいがちです。

残念ながら今現在インターネット上で購入できる50%以上が偽物と言われているほどですから購入するサイト選びは慎重に選んぶようにしないといけません。

大手医薬品個人輸入代行サイトとして有名なのは『 あんしん通販薬局 』です。

きちんとした正規品を扱っているのはもちろんのこと会社情報が記載されているので安心ですし、サポートも非常に丁寧で早いので信頼できます。

自分でサイトを見つけたいと思っているのであればしっかりと調べてから利用するようにしましょう。

病院で処方されるメリット

通販サイトは便利ですが、病院で処方されるメリットもありますし、デメリットや面倒と感じる部分がありますので双方を説明をしていきます。

しっかりとした説明を受けられる

ED治療薬を初めて利用する人からしてみれば不安な点やどのようにして使用していいか分からない点もあると思います。

また持病をお持ちの方は併用してはいけない薬などもありますので十分気をつけなくてはいけません。
※持病を持っていて薬を処方されている方は必ず専門の病院で相談をするようにしてください。
ED治療薬と併用してはいけない薬はこちら → ED治療薬の併用禁忌薬について

専門医に直接話が聞けるというのは不安が取り除かれますし、安心して利用できます。

当日薬が手に入る

病院で購入するメリットとしてはやはり直接その日に薬がもらえるというメリットがあります。どうしても通販サイトで購入しようと思ったら最低一週間は時間がかかってしまいます。

病院ならば薬がすぐに貰うことが出来ますので例えば午後から彼女とデートだという人は午前中に病院に行って薬を貰ってそのままデートに行くということが出来ます。

病院で処方されるデメリット

今までは病院で処方されるしかED治療薬を購入する方法はありませんでしたが、通販サイトで利用できるようになったことでデメリットが浮き彫りになった点があります。

時間や手間がかかる

病院に行くのが非常に面倒で手間がかかるものです、病院に行って診察を受けて処方されるまでに待たなくてはいけないというのが面倒と感じてしまいますよね。

特に地方に住んでいて近くに専門の病院がないとなってしまったら専門の病院に行くのに車で1時間以上走らせたりしなければいけませんよね。

普段仕事で忙しくて中々休みが取れないという人や昼夜逆転の仕事をしていて深夜に働いて、朝に寝るという人からしてみれば面倒ですよね。

今まで病院でしか処方されることで手に入らなかったのですが、通販できるとなるとやはり簡単に入手できる通販のほうが手軽で便利に感じてしまいます。

値段が高くなる

意外に感じるかもしれませんが、病院で処方されるほうが値段が高いです。

というのはED治療薬というのは保険対象外となっているので病院側がある程度自由に値段をつけることが出来ます。大体病院で処方される際の料金はバイアグラ1粒の価格は25mgのもので1,300~1,500円、50mgのもので1,500~1,700円程度というのが一般的です。
※100mgは日本では販売されていません。海外のみ発売されており、利用したい方は通販サイトを利用するしかありません。

しかし、通販サイトの場合は大体1錠あたり、バイアグラ50mgで1,500円であり、割引が適用された場合は1,350円前後です。

病院の場合は薬代だけではなくて診察料などがかかったり、病院に行くまでの電車代などが加算されます。

さらに病院ではある程度の数までしか処方されず、薬がなくなったらまた病院に行って診察を受けて処方されなければいけません。

細かいところかもしれませんが、積もり積もると結構な値段になってしまう点があります。

病院と通販どちらがいい?

病院で処方されるのと通販サイトを利用するのはどちらがいいのか?って思うと思います。

結論からするとどちらも利用したほうが良いいうことです。

まず最初は病院に行き専門の先生にED治療薬の使い方を直接聞いて本当に自分に合ったものを処方してもらったほうがいいでしょう。

しかし、何回も行くのは大変ですのでED治療薬を今後も継続して利用していこうと思ったら通販サイトを利用すれば良いのです。

通販サイトを利用する際は大手サイトを利用することと手元に届くのに時間がかかるという二点だけ気をつけるようにすればいいのです。

突発的に必要になった場合は病院に直接行ってもらうようにしましょう。その時々で使い分けるようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする