医薬品個人輸入代行サイトとは

医薬品個人輸入代行サイトというのはあまり聞いたことがないと言う人も多いと思いますのでどういったサービスなのかを説明していきたいと思います。

医薬品個人輸入代行サイトの誕生

インターネットが誕生して日本でも広く使われている今の時代はIT社会とも言われているほどパソコンやスマホ、タブレットが使われており、24時間ありとあらゆるシーンで使われています。

インターネットが誕生して環境やシステムが強化されたことによって世界中のサービスが使われるようになりました。

日本は日本のサービスしか使わない傾向にありましたが、ここ最近では日本もグローバル化によって世界中のサービスを使う人が増えてきました。

その中で特に伸ばしていったのが通販業界と言えるでしょう。今の時代は何でも通販で自宅に居ながらショッピングを楽しむことが出来ます。

様々な商品をアマゾンや楽天で購入することが出来ましたが、医薬品に関しては薬事法などの関係から通常の通販で購入することが出来ませんでした。

今までは病院やドラッグストアでしか購入できませんでした。

しかし、今は個人輸入というあくまでも個人的に使う分においては通販で取り寄せることが可能だったのです。

とはいえ、個人で購入するとなったら海外との信頼できる業者を見つけて直接交渉をしなければいけませんので関税の手続きなどがありますので個人では難しかったのが現状です。

そんな面倒な手続きなどを一手に担ってくれて気軽に購入をすることが出来るようにしたのが個人輸入代行業者なんです。

普通の通販サイトと変わらずに医薬品を購入できる便利な代行サイトによって多くの人が医薬品を手軽に購入できるようになったので非常に助かっているのです。

わざわざ時間を割いて病院にいって並んでまつ必要がなくなったのは忙しい現代社会において非常に助かると言えるでしょう。

海外の医薬品の素晴らしさ

日本の医療は世界でもトップクラスの医薬品が使われている!と思っている人も多いかもしれませんが、実は医療先進国の中でもかなり日本の医薬品は遅れているのが現状です。

というのは日本の厚生労働省が薬の認可を行うのですが、海外で実際に発売されている多くの人が使用している最先端の薬を認可するために再び動物実験から行っていたりするケースもあります。

医療先進国では多くの最先端の薬が使われている中で日本では10年~20年も遅れている薬を使っているとさえ言われているほどです。

薬だからピンと来ないかもしれませんが、携帯電話に言い換えれば20年といったら他の国がスマホを使っているのに対して日本だけがまだ顔ぐらい大きい携帯電話を使っているようなものです。

そしてその現状を日本だけが知らないという状況なのです。

もちろん認可が遅いと言うのはデメリットだけではなくて、メリットもあります。

厚生労働省の認可が下りた薬は当然世界中で見ても安全性や実際に薬の効果が期待できると言うことで安全性は世界から見てもトップクラスであることは間違いありませんが、とはいえやはり最先端の薬が使えないというのはネックに感じざるを得ません。

さらに日本の保険制度のシステムは間違いなく世界有数の保険制度ですが、その医療負担をまかなっているのは国です。

国民は3割負担ですが、残りの7割は国が負担をしています。

また生活程などは医療費がゼロなわけですからさらに医療費は負担となってしまいます。

どんどん国の負担が増えていくわけですから新しい薬を開発する研究費が圧迫されるだけではなくて新しい薬を認可してしまえばそれだけ国が負担をしなければいけないということでもあります。

こういった背景から日本の薬の認可が遅れてしまっているのが現状なのです。

つまり海外では優れた新薬がどんどん誕生していたとしても日本では新薬の流通が遅れてしまっている状況です。

現にドイツやシンガポールの医療はかなりの進化をしています。

それでも日本では未認証という扱いになり保険適用外という扱いになってしまっていますので病院を通すとかなりの高額な医療となってしまっています。

しかし、医薬品の個人輸入代行サイトを利用することで安価で簡単に手に入れることが出来るのです。

医薬品個人輸入代行の安全面に問題はないの?

海外の医薬品を手軽に輸入することが出来る医薬品個人輸入代行サイトですが、安全性に問題はないのか?って聞かれたら優れた医薬品個人輸入代行サイトというサービスを悪用する悪徳業者も存在をしています。

日本は世界で最も安全な国だと言われていて、日本人として誇りに思うところでもあると思います。

しかし、だからこそ日本の安全基準を当たり前と思ってしまったら危険です。

海外の医薬品を利用する際には気をつけなくてはいけないことも当然あります。

厚生労働省でも注意喚起がされていて現状海外で出回っている多くが偽物の薬が出回っているとされています。

明らかに偽物だという薬から実に精巧に作られている薬もあります。

日本国内で正規に流通している医薬品に関して安全の確認が取れていますが、個人輸入されているものに関しては日本未認可のものだったり、日本でも販売されているものも安価に仕入れることが出来ます。

しかし、偽物が多く出回っていると言うリスクはあります。

模造品だったり、不衛生な場所で製造されていることもあったり、何の効果もないもので形だけ似せていたりするものもあります。

こういった偽物に手を出してしまって健康被害を巻き起こす可能性があります。

医薬品個人輸入代行を使う際の注意点

医薬品の個人輸入というのはあくまでも自分自身で使用する場合のみ認められるというルールがあります。
自分だけが使う分には問題ありませんが、代行サイトを使わない場合は税関の確認など面倒なことは多いです。

また海外から取り寄せたものを他の人に売ってしまったり、渡したりする場合も違法となってしまいます。あくまでも個人で使うために購入するだけにとどめてください。

さらに個人輸入の自己使用であっても輸入が禁止される場合があります。健康被害の出るおそれがある製品が、厚生労働省によって発表されて一覧化されています。

その製品一覧に関しては数量に関係なく医師などの処方箋がないと輸入できません。

日本で禁止されている指定薬物(危険ドラッグ)の輸入もしてはいけません。

色々な制約や危険な部分もありますが、その解決方法としてきちんとした正規品を扱っている大手医薬品個人輸入代行サイトを使用すれば問題も一気に解決と向かいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする