ED治療薬の保存方法について

ED治療薬は普段からどこにしまっておいたほうがいいのか?というのを紹介していきます。

ED治療薬は室温保存で問題なし

通販サイトでまとめてED治療薬を購入すればお得ですが、保存方法をどこにしておけばいいのか分からないという人もいますよね。

バイアグラの100mg1錠を通販で買ってピルカッターなどで半分にして服用すれば経済的に負担が軽減されるのでおすすめなのですが、残りのバイアグラ半錠をどのように保存すれば良いのか分からないという人もいますよね。

バイアグラなどをはじめとしたED治療薬は薬局で売っている市販薬、風邪薬と同様に高温多湿な場所や直接日光が当たるようなとこでなければ常温で保管しても問題ありません。

湿気や日光・高温は避ける

ED治療薬だけではなくて薬全般に言えるのですが、光や温度、湿度などによって効果が落ちる場合があります。特に指示がなければ高温多湿は避けて日光が当たらないところにおいておけばいいです。

またピルカッターなどで半分にした場合はラップで包んで、サプリメントケースで保管して切り取った断面が空気に触れないようにしましょう。

半分に割ると、ED治療薬の表面を覆うコーティングが剥がれてしまって湿気を含みやすく痛んでしまいます。半分に切って服用する際はサプリメントケースに入れて密閉空間で保存するようにしましょう。

使用期限が切れたら捨てる

良くやってしまいがちなのが古くなって医薬品をもったいないからといって使ってしまうことがありますが、それは危険ですので止めて起きましょう。

まとめ買いをしていて使ったと思っていたのが実は残っていたとか、半分に切ったED治療薬がいつ使ったのか分からなくて変色をしてしまったということがありますが、色が変わっていたりした場合は服用してはいけません。

また口に入れた時に変な味がしたり、違和感を感じた時にも使用を控えてください。

基本的にED治療薬は2年異常の消費期限がありますが、あくまでも未開封の状態です。開封した際は1週間を目安に飲むようにしましょう。

また開封してそのまま適当に放置をしていたらあっという間に薬の効果が薄れてしまいます。

もったいないと思うのであれば密閉をしてしっかりと保存しなくてはいけませんし、もったいないからと思って服用しても効果は出ないのでそれでは意味がないですよね。

ED治療薬を長持ちさせる為の保存方法

  • 直接日光があたらないように保管しましょう
  • 容器のふたや栓をしっかりと閉めて密閉する
  • 暖房器具やエアコンの側には置かないようにする
  • 車の中に長時間、置きっぱなしにしない
  • よくある勘違い「薬を冷蔵庫で保管する」のは間違い

一般的に保管方法で多いのが、冷蔵庫での保管してしまう人が多いです。よく『冷暗所で保存してください』と記載などが一般の市販薬でも書かれていますが、「冷暗所=冷蔵庫」というイメージがつきやすいのでよく冷蔵庫にいれてしまいがちですが、間違いです。

冷暗所とは「つねに常温(15~25℃)以下で太陽光線の当たらない場所」のことを指します。

決して「冷やして保存をする」という意味ではありません。

さらにまとめ買いした薬やサプリメントを食べ物と同じように、冷蔵庫で保管すれば長持ちする、と考える人は少なくないようですし、確かに湿度や温度の低い環境のほうが酸化などの化学反応が起こりづらいので劣化しにくくなります。

しかし、薬を冷蔵庫に入れておくと、服用時に外との温度差が激しくなり、結露しやすくなるという問題が生じてしまいます。冷蔵庫から出したらすぐに服用する分にはかまいませんが、夏の暑い時期に冷蔵から取り出して持ち出して熱いところに行くと結露しやすくなるという問題があります。

冬場などは問題ないかもしれませんが、夏や梅雨の時期には注意が必要です。

逆にシロップ剤や目薬、坐薬などには『冷所保存』と書かれている場合がありますのでその際は『冷蔵庫で保管』するのが正しい保存方法です。

ED治療薬は冷暗所での保存がベストですので勘違いしないようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする