ED治療薬の服用で妊娠や胎児への影響

ED治療薬における妊娠や胎児への影響について紹介をしていきたいと思います。

ED治療薬を服用したら副作用が出るんでしょ?妊娠しづらくなるとか胎児に影響を与えてしまうのではないかって不安に感じている人も非常に多いので紹介していきます。

妊娠や胎児への悪影響はない

まず最初に不安を払拭するためにも結論から言うとED治療薬を服用したことで妊娠しづらくなってしまうとか生まれてくる胎児に影響が出てしまうと言うことはありません。

EDになってしまったことで性行為ができなくなってしまったことで不妊になってしまうと言う家庭もあります。

その不妊症の治療にもED治療薬が使われるだけではなくて、たとえEDじゃなくても医者から念のためED治療薬を試しますか?みたいに聞かれることもあります。

結婚をして最初は二人だけで色々と出かけたいとか二人だけの夫婦生活を楽しむために最初はコンドームなどをつけて性行為をしていたけれど、そろそろ生活も落ち着いてきたら妊活を始めたけれど全然妊娠の傾向がないから念のため不妊治療を行う家庭も多いです。

双方に問題がなければタイミングが合わなかっただけですから排卵日の決まった日にあわせて性行為をしなければいけません。

今まではそのときの性的欲求などで性行為をしたいたものが、決められた日に必ず性行為をしなければいけないという事務的な作業みたいに感じてしまって性的欲求が起きなくなってしまったり、必ずしなければいけないというプレッシャーとなって妊活中にEDになってしまう人もいます。

無意識のプレッシャーとなって体が反応してくれなかったり勃起力が低下してしまうことになります。

そういったときに少しの性的欲求でもきちんと勃起に至ることが出来るようにとEDでない人でもED治療薬を渡されることだってあります。

バイアグラをはじめとしたED治療薬を使うことで染色体異常や発達障害の子が生まれてくるなどの心配されるご夫婦は沢山いらっしゃいますし、不安に思うのは当然かもしれませんが、不妊治療の専門医が処方するものですので安心してお使い頂けます。

あくまでもED治療薬はは男性器の血管を拡張させるお薬ですから精子の数や奇形率が上がる心配もないですし、これまでにED治療薬を使って胎児に影響があったという報告も上がってきていません。

どうしても不安だと言う人は直接産婦人科や男性不妊治療の専門医に相談をして大丈夫か確認をしましょう。

子供を望む人にとっても助かる薬

子供が欲しくても子供に恵まれなくて悩んでいると言う夫婦は多いですし、どんどん増えてきているのが現状です。

結婚して長く子供が出来ないと両親などから孫を見たいとかの催促をされたり、友達に子供が出来ると当然不安に思いますよね。

ただでさえ当人同士が悩んでいるのにも関わらず、周りからのプレッシャーが強くてよりそれが不妊の原因にもなってしまうのです。

今は人工授精などの方法もありますが、出来ることならば自然妊娠が良いと考える人も多いですし、一回一回の治療も非常に高いので経済的負担となっています。

必ず受精するわけでも受精しても流産の可能性も高いと言うこともあります。

女性の場合は特に毎月生理が来るたびに深い悲しみとなってきてしまい、そのショックから夫婦関係がギクシャクしてしまったりEDになってしまうこともあります。

プレッシャーというのは人体にかなりの悪影響となって現れます。

勃起不全で勃たない、中折れ、最後まで出来ずに性行為すらままならない状況を作らず、ED治療薬で確実に性行為ができると言うことは夫婦からしてみれば非常にありがたい薬です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする