アバナ(ステンドラ)の正しい服用方法

世界中でアバナ(ステンドラ)が認知されて名前が知られるようになってきて日本でも徐々に使用者が増えている第4のED治療薬、アバナ(ステンドラ)において正しい服方法を知ることは非常に大事なことでもあります。

アバナ(ステンドラ)の飲み方

1日1回、性行為の15~30分前に水またはぬるま湯で服用するのが一番ですが、お茶やお酒と一緒に飲んでも問題ありません。

ただし、お酒と併用すると血流が拡張されてアルコールが一気に回って酔いやすくなるのでお酒が強くない人は注意するようにしましょう。

アバナ(ステンドラ)今までのED治療薬の中でもほとんど食事の影響を受けないとされているので食事のタイミングを気にすることなく服用することができるのが特徴です。

とはいえもっとも効果を得られるのはやはりどの薬でも同じですが、空腹時での服用が一番効果を発揮するのでおすすめです。

多くの人が使用している100mgがおすすめ

50㎎、100㎎、200㎎がありますが、大体発売されているのが50mgと100mgで最初は50mgからスタートをする人がほとんどで、大半の人が100mgを購入して半分にカットして服用したりしています。

200mgを使用したいと言う人もいますが、よっぽど効果を実感できなかった人だけ服用するようにしましょう。

200mgの場合ですと副作用も強く出てしまうと言う声が多く挙がっているので出来ることならば100mgを服用することが望ましいとされています。

中には200mgを購入して4分の1にカットしています。

1日1回1錠を守る

アバナ(ステンドラ)だけではなくてED治療薬のほとんどが1日1錠で服用したら必ず24時間空けるようにしなければいけません。

アバナ(ステンドラ)の場合は即効性がありますが、持続時間はバイアグラと同等の約6時間ほどです。

シアリスの持続作用時間36時間と比べると持続作用時間は短いですよね。

そのためついつい1日に二回、性行為を行う機会になったときにもう1錠飲んでしまう人が居ますが、薬を服用してしまうと血管が拡張されすぎてしまって貧血を起こしてしまったり、時には身体に悪影響を与えてしまう可能性があります。

1日に何度も性行為をしたいと考えている人はアバナ(ステンドラ)を使用するよりも持続作用時間の長いシアリスを服用することをお勧めします。

即効性が非常ある

今までのED治療薬の中で最速と言われるレビトラと同程度かそれ以上の即効性があるのがアバナ(ステンドラ)です。

通常であればベッドインの30分ほどまでに水などで飲めば効果が出始めますが、早い人だと15分ほどから勃起に至る人も出てきます。

そのため、突然彼女とデートをして食事を楽しんだ後にベッドインということになっても、アバナ(ステンドラ)なら慌てる必要もなく服用すれば十分に間に合います。

ですので付き合って決まったパートナーと大体似たような周期で性行為をするという人よりもアバナ(ステンドラ)は付き合いたてでデートをして突発的に性行為をすることになるときように携帯をしておきたいED治療薬でもあります。

相手がシャワーを浴びているときに薬を飲めば間に合いますし、飲めばベッドインにいたっても性行為ができると言う安心感があります。

食事と一緒にとっても影響を受けない

ED治療薬の最大の欠点は食事です。

食事の影響を比較的受けないとされているシアリスも700kcalまでの食事で脂質が30%以内であれば効き目が左右されないと言われていますが、実際のところで言うと空腹時のほうがいい効果が期待できました。

アバナ(ステンドラ)は食事と一緒に服用しても問題がないと言われているので彼女とデートをしたらお酒が入ってお酒をすきっ腹で飲みたくないとかお酒が入ったら食事を取りたいという人はストレスを感じることなく服用することができます。

アバナ(ステンドラ)>>>>シアリス>>>レビトラ>>バイアグラの順位で食事の影響も受けないのです。

今までお腹をグゥ~って鳴らしながら性行為をしていた人も食事を気にする必要もなく服用することが出来ます。

お酒と併用して飲む際は注意が必要

食事の影響を受けないアバナ(ステンドラ)ですのでついついデート中となればお酒や食事も気兼ねなくなってしまいます。

お酒を一緒にアバナ(ステンドラ)を服用しても効果が鈍くなると言うことはありません。しかし、アバナ(ステンドラ)をはじめとしたED治療薬は血管を拡張して血の巡りを良くします。

当然アルコールも血流に乗って全身に回ってしまいます。脳にアルコールが回ってしまうと性的興奮を促す神経が麻痺してしまって性的興奮が起きなくなってしまったり、性行為どこではなくなってしまったり、泥酔状態になってしまうこともあります。

ですから普段からお酒が強い人ならばともかく弱い人はお酒の飲みすぎには注意しましょう。薄めで注文をしたりするように気をつかったほうがいいです。

海外から取り寄せるしか方法がない

アバナ(ステンドラ)はまだ日本では認可されていない薬ですし、ジェネリック医薬品ともなればインドでしか販売されていないわけですから海外からの取り寄せる必要になります。

海外から取り寄せるとなると医薬品個人輸入代行サイトが最も簡単なのですが、海外の医薬品には偽物が多く出回っています。

ろくに調べもせずに適当に注文をしてしまうと注文をしても荷物が届かなくて料金だけ支払うハメになったり、偽者が届いてしまって全然効果がなかったということにもなってしまいます。

きちんとした代行サイトを利用しないとインターネットで正規品が届くことはありませんので気をつけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする